入れ歯

年配の男性と女性

歯を失ったあとにそこを補うものとして、ブリッジで対応できない場合は入れ歯・インプラントが必要となります。入れ歯は確かに「違和感がある」など、よいイメージがありません。しかしインプラントが難しい場合は、食事をするために入れ歯が必要です。

足が悪くなった場合、義足を入れてリハビリを行います。入れ歯も「義歯」と呼ばれるように、入れて終わりではなく、噛めるように、話すことができるようにリハビリ治療が必要なのです。治療期間は決して短くありませんが、共に頑張って、日常生活を普通に送ることができるようになれればよいと思っております。

バネのない入れ歯・ミラクルデンチャー

失った歯の本数や位置によってはミラクルデンチャーも取り扱っております。ご興味があれば、ご相談ください。

インプラント

インプラントの構造

インプラントとは、歯が抜けた部分のあごの骨にチタン製の人工歯根を埋め込んで、その上にクラウンを被せる治療法です。あごの骨でしっかりとクラウンを支えるので、噛む力は天然の歯と遜色ありません。また、きちんとケアを行えば、一生使うことができる場合もあります。

歯を失ってしまった場合の保険適用の治療法としては、ブリッジや部分入れ歯があります。しかし、ブリッジは両隣の健康な歯を削って土台にしなければなりません。また部分入れ歯は、噛めるように作るにはインプラント治療よりも大がかりな治療が必要になることがあります。

インプラント専門治療医が治療

当院では、インプラント治療が必要な場合、三井記念病院の口腔外科部長をしている津山泰彦先生にご紹介しております。

津山先生は、日本先進インプラント医療学会(AIM)の常任理事も務めているインプラント治療の専門家。日本口腔外科学会専門医・指導医として、さまざまな症例を数多く手がけています。そのため、患者さまには安心して治療に臨んでいただけます。

インプラント治療は、全身疾患の持病がある方、あごの骨の量が少ない方などには難しい治療方法です。いろいろな症例に対応できるように、専門の先生とのコンタクトを大事にしています。

 

トップ

PAGE TOP