歯周病の進行度合い

軽度歯周病歯周病の進行度合い
歯と歯肉の間の歯周ポケットと呼ばれる部分に、歯垢(プラーク)や歯石が溜まり、細菌が繁殖して炎症が起こった状態です。歯肉が腫れたり、歯磨きをしたりすると血が出るといった症状があります。

この段階なら、歯垢や歯石のクリーニング、歯科衛生士によるブラッシング指導などで、短期間で完治させることができます。

中等度歯周病歯周病の進行度合い
歯石が目立つようになり、歯周病独特の口臭も出てきます。この段階ではすでに歯を支える骨が溶け始めているので、歯を強く押すとぐらつきを感じるようになります。

歯垢や歯石が歯周ポケットの奥深くまで付着しているので、麻酔をしてクリーニングをしていきます。歯周ポケットの深さが4mm以上ある場合は通常の器具ではクリーニングができないので、外科的措置が必要となります。

重度歯周病歯周病の進行度合い
歯肉が化膿してしまい、真っ赤に腫れます。骨もかなり破壊され、少しの力でも歯がグラグラと揺れ動くようになります。この段階になると、残念ながら抜歯しなければならないこともあります。

治療では、歯肉を切り開いてクリーニングを行い、歯周ポケットが浅くなるように縫い合わせます。場合によっては、骨や歯肉の再生手術も必要です。

お口の中の悩みはお気軽にご相談ください

お口の中のお悩みはお気軽にご相談ください アクセス