虫歯の進行と治療

虫歯は、進行すれば進行するほど治療期間も長くなりますし、治療費もかさみます。できるだけ早い時期に治療することが大切です。そのためにも、定期的に歯科検診を受けることをお薦めします。

CoCo
ごく初期状態の虫歯で、まだ歯に穴は開いていません。歯磨きなど毎日のケアに気をつけることで、歯を再石灰化させて改善できます。

C1Co
歯の表面を覆っているエナメル質に穴が開いた状態です。この段階では、痛みを感じることはありません。悪くなった部分を削って詰め物をする治療が必要ですが、削る部分は最小限で済みます。

C2Co
エナメル質の下にある、やわらかい象牙質にまで穴が開いた状態です。まだ神経には達していないので強い痛みを感じることはありませんが、冷たい飲み物や熱い物などがしみることがあります。

治療時には痛みを感じないよう、麻酔をしてから行います。悪くなった部分を削り取ってから、詰め物や被せ物をして穴をふさぎます。

C3Co
虫歯が神経の通っている歯髄部分にまでに達し、歯髄炎を起こした状態です。歯の根を覆っている歯根膜にまで炎症が起きて、歯ぐきが大きく腫れてしまうこともあります。

この段階では、虫歯を起こしている菌を完全に除菌するための根管治療が必要です。ほとんどの場合、神経も抜き取らなければいけません。

C4Co
すでに歯の根しか残っていない状態です。神経も死んでしまっているため、痛みはあまり感じなくなります。ほとんどの場合、抜歯が必要です。

この段階になると、虫歯を引き起こす細菌が血管に入り込み、心臓病や腎臓病といった全身疾患を引き起こす可能性もあります。

お口の中の悩みはお気軽にご相談ください

お口の中のお悩みはお気軽にご相談ください アクセス