麻酔の痛みを軽減

治療時の痛みをなくすため、歯科医院では麻酔注射を行っています。でもその麻酔注射自体が痛かったら、意味がありません。そのため当院では、できるだけ痛くない麻酔注射を行うため、さまざまな工夫をしています。

表面麻酔麻酔の痛みを軽減
麻酔注射を打つ前に、表面麻酔を行います。歯肉に麻酔剤を塗ることで、注射針が刺さる痛みを感じさせません。もちろん、表面麻酔が十分効いたことを確認してから注射をしています。

細い注射針麻酔の痛みを軽減
注射針は細いほうが痛みを感じにくくなります。そのため当院では、注射針の中では一番細い33ゲージの針を使用。患者さまからは「いつ注射したのか、まったくわからなかった」という声もいただいています。

カプリ麻酔の痛みを軽減
麻酔剤を注入するとき、薬剤が入ってくる違和感や刺激も不快なものです。麻酔剤の温度を体温とほぼ同じ37度にしておくと、その刺激はごく小さくなります。「カプリ」は、麻酔剤のカートリッジを温める機器。当院ではこのカプリを使って、麻酔剤をあらかじめ37度に温めておくことで、麻酔の違和感や刺激を抑えています。

お口の中の悩みはお気軽にご相談ください

お口の中のお悩みはお気軽にご相談ください アクセス